最後の五十代

今年で50代も終わりを迎える。普通だったら定年退職。まだ退職せずに仕事を続けられるのはありがたいこと。若い頃は60代の自分なんて考えられなかった。そろそろすべての人生を振り返ってもいい頃だと思う。40代と50代が大きく違うのは、40代はまだまだ男という自覚があった。50代になってももちろん男だけど、女性に対する気持ちがどんどん薄れていったような気がする。もちろんまったくないわけではないけど、相対的に仕事の比重が大きくなっていった。今、自分の仕事をなしとげないときっと人生後悔するいう思いの方がずっと強い。もう若くはないし、何でもかんでもできて当たり前、できなかったらその程度の人間だと思われる。体がガタガタになっても燃焼し尽くしたいという気持ち。女性はこんな風には思わないのかもしれない。でも一方で一人で生きていくのはつらいことに違いない。それは痛切に思う。
[PR]
by juneberry120 | 2018-05-16 00:02 | つぶやき
しなやかに生きたい >>