いつ死んでもいいように

このところずっと考えることは、いつ死んでもいいように準備をしておくということ。歳をとれば、若い頃と同じように何でもできるわけではないし、体調管理もそれだけ厳しくなる。一方で、残りの人生について考えることも多くなる。十分に生きたと言えるほど、十分には生きていない。だから、死に際でもきっと人生に未練はたくさんあると思う。それでもその時のための心の準備は必要だと思う。前向きに生きるためにはどうすればいいのか。そして死ぬときも前向きのまま死んでいくためにはどうしたらいいのか。
[PR]
by juneberry120 | 2018-01-03 17:59 | つぶやき
<< 右手でしたこと 多忙につき >>