歳をとるということ

毎日忙しく過ごしていると、時間はどんどん過ぎて行き、1年、また1年と重ねていく。しかし、体は老いていくのに、心は老いているとは感じない。しかし、過去はいつしか遠くなり、思い出すことさえまばらとなる。あれだけ心を痛め、苦しんだことも時間が経てば思い出でしかない。今がを生きることに執着しなくなれば、幸せだった過去を思い出すことだけが楽しみになるのかもしれない。それが老いるということなのだろう。自分もそうなりつつあるのだろうか。
[PR]
by juneberry120 | 2017-09-22 02:38 | つぶやき
<< もやもや 正直ではない気分 >>