カテゴリ:映画( 1 )

イン・ハー・シューズ(★★★☆)

b0058271_273687.jpg

IN HER SHOES ★★★☆(3.5)
公式ページ Yahoo!ムービー 映画生活 映画批評空間

 学習障害の一つである難読症のマギー(キャメロン・ディアス)は、スタイルがいいという以外に何の取り柄もない。一方、姉のローズ(トニー・コレット)は弁護士としてバリバリ仕事に励んでいる。美人とはいえないが恋仲になった上司に夢中だ。そしてなかなか定職につけない妹をいつも心配していた。
 ある日、マギーが自分のアパートを追い出されてローズのアパートに転がり込んでくる。ローズは世話の焼けるマギーを何とかして職に就かせて家から追い払おうとするが、なかなかうまくいかない。そんなある日、妹が一人でいるところに恋仲の上司がやってきた。なんとマギーはローズの恋人と寝てしまうのである。そんなところにローズが帰ってきたのだからさあ大変。もちろん、妹をたたき出し、上司との恋も破局。そして勤めていた法律事務所を辞めてしまう。
 たたき出されたマギーは小さい頃に音信不通になっていた祖母のエラ(シャーリー・マクレーン)を頼ってフロリダの老人ホームに行く。お金をたかりに行ったつもりだったのに、老人ホームで働くことになり、元大学教授のある老人との出逢ってからマギーは少しずつ変わっていくのだった。
 ローズは靴を集めるのが趣味で、マギーは勝手にローズの靴棚から自分にぴったり合いそうな靴を探しては履いてしまう。本当に自分にぴったり合う靴はあるのだろうか。「イン・ハー・シューズ」というタイトルはこんな象徴的な場面から取られたのだろう。マギーもローズも最後には自分だけの「靴」を見つけたのだった。
 "in her shoes"には「彼女の身になって」という意味もある。表面的には救いようのないほどのだめな人間に見えても、彼女の身になって考えれば、その心の奥に秘められた光を見つけることができる。そんな意味にも思えてくる。

ネタバレ感想はこちらをクリック
[PR]
by juneberry120 | 2005-12-17 02:12 | 映画