何をすべきか

自分の残りの人生の中で何をすべきか、何ができるか、考えることが多くなった。将来のためという言葉はもういらない。今できることをやらなければ。明日はもう来ないかもしれないのだから。本当にそう思う。人は歳をとると頑固になる。そのことはよくわかる。僕もきっとそうなると思う。でも今はそうではない。まだ柔軟さは残っている。まだまだ新しいチャレンジはやってくる。いい死に方をしたいなと思う。それは前のめりのまま死んでいくこと。まだまだやるべきことがあると思いながら、この世を去りたい。そして誰かがきっと跡を継いでくれると信じたい。

以前は、誰かを愛したいという気持ちがとてもあったけど、今はそういう気持ちがずいぶんと薄くなったと感じる。歳をとったせいかもしれない。でもまったくないわけではない。おそらく肉体よりも精神的な繋がりを大切にしたいという気持ちが強くなったのだろうと思う。肉体は衰えても心はいつも若くありたい。



[PR]
by juneberry120 | 2017-07-13 01:26 | つぶやき
<< 愛されるということ 幸せと幸運 >>