白い滝

霊能者を名乗る年配の女性に霊視をしていただいた。といっても頼んだわけではないし、お金を要求されたわけでもない。いきなり路上で、僕に言葉を授けたいといわれた。びっくりしてその人の顔を見た。70歳前後だろうか、背の高い清楚な感じの女性だった。とても真剣な表情だったので、何事かと思い、何でしょうかと答えた。その霊能者は僕の頭の上に白い滝が見えると言った。あなたはこの世の人ではなく、半分は聖なるもの、この先何も恐れる必要はありませんと言って華奢な手で僕の手を強く握った。とても強い力だったので、再びびっくりした。その間数分の出来事だった。僕はありがとうございますと言ってその場を立ち去った。一体何が起こったのだろう。どうして突然そんなことを僕に告げようとしたのだろう。本当に白い滝が見えたのだろうか。
[PR]
by juneberry120 | 2017-05-13 01:19 | エッセイ・短編
<< ヨセミテ 体調について >>