南風

寒風がぐるぐると
大空をさまよい
体の痛みも
心の叫びも
稲妻のごとく
僕を引き裂いた

血にまみれた僕は
青空の彼方を思う
孤独な涙が大地を
真っ黒に染めた

ああ、太陽よ!

遠方南風が届いたら
どんなに硬い氷も
すべて溶けて流れて
大地に芽が息吹く

ああ、生命よ!

すべてを包んで
闇夜に輝く命の星へ
二人が溶けて漂う
銀河の彼方へ
[PR]
by juneberry120 | 2010-11-20 00:57 |
<< 素敵な夜の始まり 初雪 >>