右手でしたこと

「右手でしたことは左手に教えてはならない」
マタイによる福音書6章の中の言葉。
良いことをしても誰にも言うなという意味。言えばそれは偽善者。
言わなくても神様は初めから知っている。



[PR]
# by juneberry120 | 2018-01-17 03:11 | つぶやき

いつ死んでもいいように

このところずっと考えることは、いつ死んでもいいように準備をしておくということ。歳をとれば、若い頃と同じように何でもできるわけではないし、体調管理もそれだけ厳しくなる。一方で、残りの人生について考えることも多くなる。十分に生きたと言えるほど、十分には生きていない。だから、死に際でもきっと人生に未練はたくさんあると思う。それでもその時のための心の準備は必要だと思う。前向きに生きるためにはどうすればいいのか。そして死ぬときも前向きのまま死んでいくためにはどうしたらいいのか。
[PR]
# by juneberry120 | 2018-01-03 17:59 | つぶやき

多忙につき

このところの忙しさがハンパない。睡眠負債がどんどん蓄積されている気がする。とにかく日曜日も休みじゃないのはつらい。一週間ずっと働きづめだ。いつか倒れるんじゃないかと不安になる。それでも止められない。仕事の合間に別の仕事をすることが息抜きになっている気がする。あるいは嫌いな仕事の合間に好きな仕事をするとか。
[PR]
# by juneberry120 | 2017-12-11 02:40 | つぶやき

もやもや

考えてみたら、ここ10年間ずっとモヤモヤしている気がする。心の底から充実感と幸福感に包まれるということがない。せいいっぱい生きているのは、そのモヤモヤを忘れるためかもしれないと思う。だから一人でゆっくりすることをしないし、そういう時間を作らない。こんな気持ちすら誰にも話せない。だからここにこっそり書いているんだと思う。
[PR]
# by juneberry120 | 2017-09-24 00:57 | つぶやき

歳をとるということ

毎日忙しく過ごしていると、時間はどんどん過ぎて行き、1年、また1年と重ねていく。しかし、体は老いていくのに、心は老いているとは感じない。しかし、過去はいつしか遠くなり、思い出すことさえまばらとなる。あれだけ心を痛め、苦しんだことも時間が経てば思い出でしかない。今がを生きることに執着しなくなれば、幸せだった過去を思い出すことだけが楽しみになるのかもしれない。それが老いるということなのだろう。自分もそうなりつつあるのだろうか。
[PR]
# by juneberry120 | 2017-09-22 02:38 | つぶやき

正直ではない気分

自分の気持ちに対して正直ではないことをしていると感じる。おそらく誰も理解できないだろうと思う。自分でも理解できないのだから。本当に手を引いてしまいたい。そうすればすっきりする。でもズルズルただただひきづられてる。失うものばかりで得るものはどんどん減っていく感じがする。離婚を考える時ってこんな状態なんだろうなと思う。
[PR]
# by juneberry120 | 2017-07-21 00:16 | つぶやき